2008年05月10日

サイクロン被害について

曇りときどき雨


kurisumasu-5.bmp

私の住んでいる関東はここ数年というより


天災の少ない県で通っている。


先日ミャンマー:サイクロン被害に対し


日本政府でも11億3千万円の


緊急支援を発表した。


日本はミャンマー政府が昨年9月、


民主化デモを弾圧し、日本人ジャーナリストの


長井健司さんが殺害されたことなどから


政府開発援助(ODA)を削減したが、今回は


人道的理由で援助を決定した。


すでにこれまでに、テント、発電機、毛布など


計6400万円相当の緊急援助物資を送ることを


決めている。




一方、ミャンマー政府は日本が求めている


国際緊急援助隊の入国受け入れを「必要ない」と


拒否しているため、佐々江外務審議官は9日午前、


駐日ミャンマー大使と外務省で会談し、


入国を認めるよう求めた。


大使は「本国に、受け入れるよう伝えたい」


と述べた。



※毎日新聞5/10〜





サイクロン(Cyclone)とは、


熱帯低気圧のうちインド洋北部・インド洋南部・


太平洋南部で発生するものである。


英語の(Cyclone)は、低気圧、暴風全般を指す


語でもある。


蛇のとぐろと言う意味から名付けられた


気象用語であって、粉体分離器のサイクロン


(Cyclone)とは語の由来は同じである。




※Google〜


タイの外相会見では、9日


東京都内の日本記者クラブで会見し、


ミャンマーの大型サイクロン「ナルギス」の


被害に関し、「ミャンマー(軍事政権)は国際的な


人道支援を受け入れることになる」


との考えを示した。





丸裸になっていく熱帯雨林。進む温暖化・・・

このままでは生き残れない!

10年後も笑顔でいられるために!あなたにいまできること。







posted by hanamizuki at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96257677

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。