2008年06月29日

メタボ少ないが喫煙率最高!

世界一長寿国・日本・


メタボが少ないが喫煙率最高
 

OECD(経済協力開発機構)調査






 080428あけび.bmp

<あけびの花>友人より



日米欧などの30カ国が参加する


経済協力開発機構(OECD)は26日


「ヘルスデータ-2008」を発表した。


これによると日本の平均寿命は加盟国中、


最長の82.4歳 (2006年度)で


肥満度も最低と健康度が高い一方、


喫煙率は最高だった。



肥満者の割合は日本が24.9%(05年)


と最低で、


米国の  67.3%


ドイツ  49.6%


イタリア 45.1% 


に比べると極めて低い水準だった。


喫煙率は日本は 26・0%(07年)で最も高く


スエーデンは  15.9%(05年)


米国は     16.7%だった。





「早起き」で脱メタボ 


夜型生活改め


仕事能率アップ




深夜もにぎわうコンビに。


夜型生活は太る原因にもなっている


「朝方生活は健康にもよい」とよく言われている


朝方生活より夜型生活の方が同じ食事でも


太りやすく、朝型はメタボリックシンドローム


(内臓脂肪症候郡)対策にもなることが大学の


研究で実証的に確かめられている。


「朝方の方が仕事も勉強も能率が上がる」と


指摘する著書も最近刊行され、


メタボも仕事も気になる中高年は、


これを機会にライフスタイルを朝型に


見直してみては如何でしょう。




神奈川県立保健福祉大の中村丁次教授らの


チームが行った実証実験では、女子学生


18人を対象に 「朝型」 と 「夜型」の


生活をしてもらった。


1回500キロカロリー、計3食の同じ食事を


午前7時∇午後1時∇同7時に食べる「朝型」


午後1時∇同7時∇午前1時に食べる∇「夜型」


の生活を1日ずつ行い、食事前から食後3Hまでの


エネルギー消費量をDIT(食事誘発性熱産生)で


計った。


DITは、食事を摂ったさいに食物の消化と


吸収の活動のために体が消費するエネルギー


のことで、中村教授によると、DITの値が


高いほどエネルギー消費量が多く、


太りにくいという。




080429-1.bmp




丸裸になっていく熱帯雨林。進む温暖化・・・

このままでは生き残れない!

10年後も笑顔でいられるために!あなたにいまできること。




posted by hanamizuki at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月12日

♪美と健康♪スカールコラーゲン♪

かわいいスカールコラーゲンのパワーかわいい


  ♪コラーゲンをたっぷり補給すると♪




素肌のシミ、シワ、タルミ、肌荒れ、

 アトピーを改善


関節炎、腰痛、骨祖しょう症、抜け毛を防止



肝臓、腎臓、膵臓などの臓器障害の予防、
 
 回復

 等などとなっています





最近、ひとつ年を重ねるごとに


いろいろと感じます。


素敵な年代を素晴らしい○十代を


いいなと感じていくには


やはり健康が第一。。。


とくに、歩けるということが


とても大事と、思うこのごろ。。。


美しい○十代を生きていきたいですね〜



私は1ヶ月前からスカール(ウロコ)


コラーゲンを摂りはじめました〜♪


肌もすべすべしっとり、髪にもシットリ感が


出てきたようにおもいますよ♪




従来のコラーゲンはその殆どが


動物由来のものでした。


最近欧州で恐ろしい感染性が問題に


なってきた狂牛病など・・・


動物コラーゲンにも及ぶ可能性があるとして


大きい波紋をよんでいます。




これに対して魚由来のスカール(ウロコ)


コラーゲンはその心配も無く、


医学的臨床試験でも安全性が


実証されているそうです。




元気な70代80代までもいえいえ


そのずっと先まで飲み続けていきたいなぁ(笑)


これは本音です。






飲むコラーゲン『元気コラーゲン海物語』お試しコース







丸裸になっていく熱帯雨林。進む温暖化・・・

このままでは生き残れない!

10年後も笑顔でいられるために!あなたにいまできること。




posted by hanamizuki at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月01日

「原因究明してはいけない」


なぜそうなったかの


原因究明をしてはいけない




川田亜子さん 自殺したフリーアナウンサー、


川田亜子さん(29)はブログで「一番苦痛であります」


などと、うつ状態のサインを出していたと言う。


川田さんの悲劇を回避させる方法はなかったのか。


精神科医のヒガノクリニック、日向野春総院長は


「この状態の人には、なぜそうなったのか原因究明を


してはいけないんです」と語る。


その理由について、日向野院長は「本人に後悔の念が生まれ、


ますます先が見えなくなってストレスを与えるから」と説明。


対処法として「理由を聞かず、休むことを勧め、体調を


整えさせることが大事」と言う。


日向野院長は「日本人は几帳面さから原因をまず追求してしまう


それが日本で自殺率を高める要因となっています」と警鐘をならした。



※産経ニュースより





うつ・・・自殺のリスクも





人気脚本家の「うつから帰って参りました」


一色伸幸著


映画「僕らはみんな生きている」


   「病院へ行こう」ほか、ドラマや舞台、


アニメなどを手がける人気脚本家が書いた、


初のエッセーにして鬱病(うつびょう)体験記。


発症から復帰までの生活を赤裸々に告白している。


10歳のときに、頭痛薬を大量に飲んで高揚感を


味わった。20代から不安や緊張を緩和するために


薬物を過剰摂取し、幻覚や異常行動が続いた。


そして34歳でうつ病と宣告される。


物忘れ、吐き気、不眠、挙動不審、虚脱感、・・・。


壮絶な生活を経て、44歳で薬に頼る生活から


脱却した。


「うつ病がどんな病気であるかを理解して


もらえないのが厄介な点」と記述する著者。


うつ病患者を家族や友人に持つ人達には


どうあってほしいかということまで、


体験者ならではの視点で綴っている。


アスコム・1470円



※産経ニュース書評〜




丸裸になっていく熱帯雨林。進む温暖化・・・

このままでは生き残れない!

10年後も笑顔でいられるために!あなたにいまできること。

posted by hanamizuki at 19:31| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。